プロフィール

ゆな

  • Author:ゆな

  • 犬のこゆなをくりっくするとしゃべります♪






最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:
20050705135319.jpg

トム クルーズ
ダコタ ファニング
ミランダ オットー
ティム ロビンス

★★★☆☆

DVDで見たら★2個くらいかな。小さな画面で見ると絶対に面白くないww

はっきりいってレイ(トム クルーズ)はヒーローではありませんっ。どっちかって言うとわがまま・気まま・自分勝手っぽいです。。。
息子のロビーの方が行動も身長も大人です(爆)
娘のレイチェル(ダコタ ファニング)はさすがレイの血を引いているだけあってわがままw
映画の間中叫びっぱなしだしww

ん~。最近のダコタ ファニングは演技は上手いんだけど、子供らしい演技じゃなくなってる気がする…。
「アイ アム サム」の時の子供らしい可愛い演技って好きなんだけどなぁ。。

ティム ロビンスなんですが、「ショーシャンクの空に」のイメージで見てるとがっくりきますw 
太っちゃってるし、ただのおじさんと化してますww

途中で「大阪で何体かエイリアンロボットやっつけた。日本人に出来て俺たちにできないはずはない」とか「世界最強の国家がこのありさま」って感じの台詞があるんだけど…。
これってアメリカ人がよく言う「アメリカは世界の警察」って言う主張のあらわれっぽいなぁ。

パニックシーンはそれなりに楽しめるけど、やはり大画面ならではだわ。。見るならやっぱり映画館のスクリーンで。

んで?結局地球を救ったのは「バクテリア」ですか…(汗
「バクテリア」でやられちゃうなら地上に出てきた時点でアウトのはず…(爆)
もしかしたら地中にいるあいだにもアウトかもww
原作に忠実なんだろうけど、100年以上前に発表された作品に忠実に映画作るより、現代風にもっとアレンジするとか、いっそレトロな感じで作るとかの方が良かったのでは???

最後にちゃんとレイが母親の実家にレイチェルを連れてたどり着くんだけど…。
なんで母親の実家は無事なの?なんで母親の家族怪我ひとつないの?解せない…。
途中でエイリアンとの闘いに参加したはずの息子はレイたちよりも先にたどり着いてるし…@@; 
てっきり息子は死んだと思ったよ(爆)

途中で「トイレに行きたい」って言ってたレイチェル…。
「トイレ行かなくていいの??(汗」
最後まで気になってました(爆)

スポンサーサイト
コメント

おおぉ~~。。
やはり・・・ちょっと心配だったんだ(笑)
でも、劇場行くと思うよ(爆)
迫力求めてだったら★★★っだよね(^.^)

レス1

>teru
はっきり言って迫力を見る映画ですからw

ナイスなネタばれ、感心しましたm(__)m

さすがにパニック映画では、トムは身長ごまかしてくれなかったんだ( ^∇^)

「大阪で何体か・・・」このフレーズは、スピルバーグが日本に来たかったから入れたんだと思うよ。
だって、スピルバーグは、歌舞伎町大好きおやじだもん!!
(ハリウッドおやじ共、歌舞伎町好きだからね。こないだはブルース・ウィリスがカンヌほったらかして一日3000万円の滞在費で遊びに来てたくらい)

姉様の感想で十分満足しました。家で見ます!!

レス2 >Oyazi

スピルバーグって…
ウィリスって…
ハリウッドおやぢって…w
エロおやぢばっかりなのか…
(* ̄m ̄)プッ

こんばんは

コメントありがとうございます。
ツッコミどころ満載でしたね。ラストが
あれじゃあ~ね~。トムも息子について
いけばもっと早く逃げれたんでしょうね
(笑)レイチェルは僕もかわいげがなかっ
たと思います。インタビューしてる姿は
大人顔負けの余裕っぷりですもんね

レス3 >tomy

ダコタ ファニングはどんどん可愛くなくなって残念。
大物相手ばかりで注目度が高いだけに…。
アルコールとかドラッグとかに手つけなきゃいいんですけどね…。

コメントありがとうございました

「宇宙戦争」で確信犯的に「描かない」不親切さが僕には気持ちよかったのですが、映画を見慣れていない観客には「?」だったようですね。何から何まで説明しないと理解できないのは悲しいことです。恋愛と同じように「相手の意図を汲み取る」ってえのは映画のみならず何事にも必要なのだと思うのですが、どうなんでしょう?
それにしてもタイトルの「宇宙」はいただけない。宇宙なんてでてきませんもん。
それでも見上げるような感覚とか右から左に流れる感覚は劇場でしか味わえないだけに、テレビでの鑑賞は全く勧められない作品です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


宇宙戦争


 片方の目が失明し、やがて両目とも失明したと思っていたら、ついに声だけの存在になった・・・もしや、彼は神か?!そういや、去年は「神」だったか・・・ スリラー、ホラー、アドベンチャー、SF、パニック、様々なジャンルに形容されるこの映画。もちろん親子の絆といっ


宇宙戦争


宇宙人がやってきた! ひ~ふ~み~,うわっ,よ~けおる!


「宇宙戦争」「ダニー・ザ・ドッグ」 宇宙~特撮だけは必見の価値アリ!


so-netブログの長~いメンテナンスによって、すっかりやる気を無くし先週末は更新しなかったので、今週から心機一転で月曜日から更新を。「宇宙戦争」監督:スティーヴン・スピルバーグ 原作:H・G・ウェルズ 出演 トム・クルーズ 、ダコタ・ファニング 、ティム・ロビン


宇宙戦争


第139回★★★★☆(劇場)(結末に触れる文面あるので、ご注意あそばせ) 夢を見た。 僕は東へ向けて車を走らせていた。 突然、空がどんどん赤く染まり、その赤は大きな炎の玉となって大地を焼き尽くしている。「あぁ世界の終わりなんだ・・


○宇宙戦争


宇宙戦争アメリカ、東部のある街で・・・。レイ(トム・クルーズ)は港湾で働く労働者だった。離婚した妻が、週末だけ娘レイチェル(ダコタ・ファニング)と息子ロビー(ジャスティン・チャットウィン)を連れてきてくれるーー。2人を置いて妻たちはボストンへ向かった。レ


宇宙戦争


トムクルーズ、ダコタ・ファニング主演 スティーヴン・スピルバーグ監督宇宙の彼方から、非常な知性を持つ冷たく無情な者達が我々の惑星を羨望の眼差しで眺めている…。そしてゆっくりと確実に我々に対して画策しているのだH・G・ウェルズの古典小説「宇宙戦争」のナレー


映画鑑賞感想文『宇宙戦争』


さるおです。 『THE WAR OF THE WORLDS/宇宙戦争』を観てきたよ。 1953年にもバイロン・ハスキン(Byron Haskin)とジョージ・パル(George Pal)によって映画化された、H. G. ウェルズ(Herbert George Wells)の有名なアンチ・ユートピア小説が原作なのでみなさんわかってっと思.


映画「宇宙戦争」


■邦題:宇宙戦争■原題:WAR OF THE WORLDS■上映時間:114分■ジャンル:SF■製作国:アメリカ■配給:UIP■公開:2005/06/29■監督:スティーヴン・スピルバーグ■製作:キャスリーン・ケネディ、コリン・ウィルソン■製作総指揮:ポーラ・ワグナー■原作:H・G・ウェル..


【映画】宇宙戦争 トム・クルーズ ダコタ・ファニング 主演


H・G・ウェルズが1898年に発表した小説を、スティーブン・スピルバーグ監督が映画化。


「宇宙戦争」を観ました。


スピルバーグとトム・クルーズが手を組んだ大作、「宇宙戦争」。期待しないわけには行かない。原作は読んでない。有名な小説だけど、女には縁が無いし。公開時のコピーにはこう記されている。


宇宙戦争 今年の227本目


宇宙戦争ん~、、、、家族愛のお話ですか??にしては、親父はダメすぎ、子供達もひねくれすぎ、、、ホント、親の顔が見たいわ、っていう感じ。つまり、トム・クルーズ とダコタ・ファニング ちゃんの演技がよかった!ということね。でもそれだけに、見ていてイライラし....



copyright © SPICY REVIEW all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。