プロフィール

ゆな

  • Author:ゆな

  • 犬のこゆなをくりっくするとしゃべります♪






最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:
サロゲート


http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=334777

SF/サスペンス

★★★☆☆

監督 ジョナサン・モストウ
原作 ロバート・ヴェンディティ
出演 ブルース・ウィリス
    ラダ・ミッチェル

え? これってディズニー作品だったの???^^;
ディズニーにしてはちょっと暗いかもw

ブルース・ウィリスに髪があるwwww
違和感ありありww
別人のようだw
たぶん特殊メイクもある程度してあるはずw

人間と同じように見えるロボット。
過去にもそういうロボットの映画はみたことあるが
たいていはロボット自身が意思を持って行動するタイプ。
それに対してこの作品はロボットはあくまでも人間の付属物でしかない。
人間のコンプレックスを補完するためのもの。
人間に似せてあるけれども、やはりどこか冷たい感じがする。

こういうロボットを自分の身代わりにして生活する時代がもしもくるならば、まさに「こんな時代に誰がした」である。
ロボットなら本人でなくても動かせる。
それを悪用する人物も居るに決まってる。
犯罪が発覚して捕まっても、「乗っ取られていたので自分じゃありません」が通じちゃう?
乗っ取られてないことを実証するのも難しそうだし。。。。

ロボットを作った人が人間とロボットの共存をもくろんで、ロボットを通じて操作者を殺すっていうのは共存とは違うんじゃないのかねぇ?
そもそも人間が操作しないといけないロボットと人間の共存て何??
単に道具は使い方次第ってことじゃないん????
何もかも間違ってる解釈なんじゃないのかねぇ?と一人考えてしまった。。。。。

№199
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © SPICY REVIEW all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。