プロフィール

ゆな

  • Author:ゆな

  • 犬のこゆなをくりっくするとしゃべります♪






最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:邦画-さ
沈まぬ太陽

★★★★★
監督 若松 節朗
出演 渡辺 謙
    三浦 友和
    石坂 浩二

216分という超長編だが長さを感じさせない。
途中インターミッションが10分入るが私的にはインターミッションなしでノンストップで見たかった。

関西人としては、脇を固める俳優の若干名の関西弁のイントネーションがどうもいただけないが、それを差し引いても充分見ごたえある作品だと思う。
それに引き換え秋野陽子や桂南光の関西弁はほっとする。

主人公もとりまく人たちも良くも悪くも企業人でしかない。
理不尽な人事でも従わざるを得ない人もおり、会社の悪の部分に染まって出世する人もあり。
また、染まりきれず自らを崩壊させる人もいる。
それらすべてが企業人のすべてか。

御巣鷹山の事故のシーンとかやっぱり遺族が見たら辛いだろうなぁと思う。
リアルタイムでニュースは見てたけどやっぱり私には他人事としか見れなかったのを覚えている。
関係者でなかったので仕方ないかなと思うが。
それでも悲惨さはこの映画でも伝わってくる。

やはりきれいごとだけでは世の中は回らない。
映画では脚色されてもっとどろどろした悪の部分が減り
当事者達から見ればきれいごとになってるだろうとも思う。
ここでも「事実は小説より奇なり」がうかがえる。


渡辺謙もよかったが、どんな手を使っても上に上り詰めようとする三浦友和もいい味を出している。

私がもう一度見たいと思う数少ない作品の一作に加わった映画。
原作も読みたくなって古本探ししちゃいましたw
現在読んでます。

渡辺謙って普段でもタバコ吸ってるんだろうなw
普段吸わない人が吸った煙を鼻から吐くなんてできないだろうなwww


余談だが。
実は例の御巣鷹山に墜落した飛行機に父の友人の娘さんが乗務を終えて戻る途中に乗る予定だったことを思い出した。
次の日も休みだったため、もう一泊して帰ると当日に連絡があったらしい。
運の強い人はこういう感じなんだな。。。
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

コメント

すごい大作ですな

こんなに長い映画を観たのは「風と共に去りぬ」以来です。
組合運動が盛んだったあの当時には、これに近いことは大手企業ならあったんでしょうね。

三浦友和は最近悪役が多いですね。
昔は好青年役だったのに、男前に肉が付いてワルへの転身お見事です。

TO にっしゃん

私もインターミッションある映画ひさびさに見ました。

三浦友和貫禄出てきましたね。
いい味出てましたねぇ。

原作大急ぎで読んだけど原作の後半はだらだらと政治的なことが続くので思い切って後半も恩地メインで撮りきった映画の方がしまってよかったですよん。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © SPICY REVIEW all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。