プロフィール

ゆな

  • Author:ゆな

  • 犬のこゆなをくりっくするとしゃべります♪






最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:
20040309001fl00001viewrsz150x.jpg
★★★☆☆
監督 マイケル ホフマン
出演 ケヴィン クライン
    ロブ モロー

白髪のケヴィンく・クライン初めて見たかも。
ウィッグ?カラーリング?地毛??
回想の中の彼は白髪じゃないからウィッグかな~。

生意気な生徒とどう接するか?
他の生徒と生意気な生徒との交流はどうなるか…?
生意気というより問題児か…

規則破るとかって楽しいからやっぱり悪い方に引きずられるのは分かる気がする。。。。
おまけに秘密の共有って仲間意識もできるし。
何故か悪いと分かっててやることには魅力があるもんだよねww

問題起こすのって父親に対するあてつけ、
もしくは頭でっかちな父親への反抗心からかな。。
頭良いから余計に反抗するんだろうけどね。
あえて反抗的な生徒を信頼することで交流し導く。
こういう先生ってなかなかいないよね。
先生も問題児の父親に対する対抗心もありそう。。。

父に恥をかかせたいが為にカンニングしたのに
父に恥をかかせたくない学校側の意図で失敗。
そしてまた問題児に逆戻り。。。。
きっと信頼しかけてた教師の裏切りが許せなかったのだろう。
結局何の解決もできなかったのか??

そして25年後の現在までそれを引きずって教師を続けて来たが…。
学校側の体制の変化により教職を退く決心をする。
そして25年前の事柄に決着をつけるべく
半同窓会と化したシーザーズコンテストの再コンテストを行うが…。

昔の問題児のままの教え子に失望。。
自分の犯したあやまちを思い知る。。。。

しかし別の教え子から
失敗もあり成功もあるのが人生と逆に教えられる。
ひとつの失敗だけが人生を決めることにはならないと。
問題児にひとつ(もっと?)の過ちは犯したが
問題児の人生を決めたのは問題児自信と割り切ることも時には必要かもしれない。。。。。

stupid last foever(馬鹿は直らない)
英語にもこういう考え方あるんだねー。

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © SPICY REVIEW all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。