プロフィール

ゆな

  • Author:ゆな

  • 犬のこゆなをくりっくするとしゃべります♪






最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:
サロゲート


http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=334777

SF/サスペンス

★★★☆☆

監督 ジョナサン・モストウ
原作 ロバート・ヴェンディティ
出演 ブルース・ウィリス
    ラダ・ミッチェル

え? これってディズニー作品だったの???^^;
ディズニーにしてはちょっと暗いかもw

ブルース・ウィリスに髪があるwwww
違和感ありありww
別人のようだw
たぶん特殊メイクもある程度してあるはずw

人間と同じように見えるロボット。
過去にもそういうロボットの映画はみたことあるが
たいていはロボット自身が意思を持って行動するタイプ。
それに対してこの作品はロボットはあくまでも人間の付属物でしかない。
人間のコンプレックスを補完するためのもの。
人間に似せてあるけれども、やはりどこか冷たい感じがする。

こういうロボットを自分の身代わりにして生活する時代がもしもくるならば、まさに「こんな時代に誰がした」である。
ロボットなら本人でなくても動かせる。
それを悪用する人物も居るに決まってる。
犯罪が発覚して捕まっても、「乗っ取られていたので自分じゃありません」が通じちゃう?
乗っ取られてないことを実証するのも難しそうだし。。。。

ロボットを作った人が人間とロボットの共存をもくろんで、ロボットを通じて操作者を殺すっていうのは共存とは違うんじゃないのかねぇ?
そもそも人間が操作しないといけないロボットと人間の共存て何??
単に道具は使い方次第ってことじゃないん????
何もかも間違ってる解釈なんじゃないのかねぇ?と一人考えてしまった。。。。。

№199
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:
三国志


http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=332450

歴史劇/アクション/ドラマ

★★★★☆

監督 ダニエル リー
出演 アンディ ラウ
    サモ ハン キン ポー

久々にサモハン見ましたw
ハンサムでもないけど良い役者ですなぁ。
アンディもかっこいいしw

三国志というよりは超雲子龍物語だなぁ。
若い頃より年取って老将になってからの方が素敵www

数多の名将のなかでも男前って言われてる超雲。
見た目だけじゃなく男気もあふれてるし、こういう人いいなぁと思うゆなでした^^;


№194

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:
シャレード


http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=10385

サスペンス/ロマンス

★★★★★

監督 スタンリー ドーネン
出演 オードリー ヘプバーン
    ケイリー グラント
    ウォルター マッソー

うわっ、この作品って40年以上前の作品なんだ。。。。
でも名作なのは間違いないな。
ただ吹替で見たのだが。。。
吹替がいまいち。。。
字幕で見たらと想像して★5つ。

ジャンルがサスペンス&ロマンスになっているのだけど、
ロマコメ的要素のが大きく、サスペンスとしてはちょっとつまらないかも。
犯人はすぐわかるし。。。。
犯人ばらしの段階でやっぱりこいつねって納得できるくらいわかるw

オードリーはかわいくっていいが、共演者にイケメン君がいないのが難点w
みんなむさくるしすぎる。。。。。w

主役の二人のかけあいを楽しみながら見るのがお勧め。

№192

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:
ジェイコブズ ラダー


http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=9506

ホラー

★☆☆☆☆

監督 エイドリアン ライン
出演 ティム ロビンス
    マコーレー カルキン

「ショーシャンクの空に」でブレイク前のティム ロビンスが主演。
「ホームアローン」でブレイクしたばかりのマコーレーくんがちょい役で出演します。
あかわらずかわいくないけどw

結論から言ってしまえばオチは「ほー」と思う人と「なんじゃこれ」って思う人に分かれると思う。
私はストーリーがはちゃめちゃなので「あ、そう」って感じだったけどw

ジャンルはホラーってことなんだけど、ちっともホラーじゃないし。
ちょっとグロいシーンはあるけどたいしたことないし、スプラッタでもない。
軍隊を除隊した人って普通の生活に戻れないって聴いたこともあるので
そういう類の話かなとおもってたんだけどね。。。。。。
まったく違いました。

№187

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:
最高の人生の見つけ方


http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=329594

ドラマ/アドベンチャー/コメディ

★★★★☆

監督 ロブ ライナー
出演 ジャック ニコルソン
    モーガン フリーマン


「ノッキン オン ザ ヘブンズ ドア」の老人&リーガルバージョンw
年寄りの冷や水バージョンとも言えるかもw

偶然同室になった末期ガン患者二人。
白人で金持ちだが孤独なエドワード、黒人で一般的家庭のカーター。
この二人が対称的w

もう残りわずかの人生ということでやりたいことをすべてやっちゃおうと旅に出る。
スカイダイビングやったり、フランスへ行ったり、エジプトでピラミッド登ったり。。。
はちゃめちゃw
これってエドワードがお金持ちだからできるんだよね^^;
普通の人じゃ無理^^;

だけどやりたいことリストの中には大声で笑うとか、赤の他人を支えるとか些細だけどなかなかできないこともリストアップしてあったり。

人生は長さは関係ないんだよ。どう生きるかなんだよって笑いを交えながら教えてくれる一本。
コメディということで悲惨さがないので楽しんで見られるのも良いところ。

№186

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:


http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=333367

★★★☆☆

監督 ケン クワピス
出演 ベン アフレック
    ジェニファー アニストン
    スカーレット ヨハンソン
    ジェニファー コネリー

女性陣が豪華キャストww
そんな彼なら捨てちゃえば?ってタイトルはいまいちかな。。。
タイトルだけ見てたら変な男にひっかかった女が男をすてあぐねてる話かと思ったら違うのねぇ~w

コメディ的な恋愛あり、シリアスな恋愛あり、
ハッピーエンディングもありノットハッピーエンディングもあり。
「ああこういうずるい男居る居る」
「ああこういう女も居る居る」って感じだけどいまいち共感はできない感じかな。
日常的過ぎて盛り上がりはほぼなし。
ほのぼの路線でたまにはこういう映画あってもいいかな。

スカーレット ヨハンソンって細身なのかと思ったら意外にお尻でっかいwwww


テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:


★★★★★

監督 トニー スコット
出演 デンゼル ワシントン
    ジョン トラボルタ

タイトルからして地下鉄がコントロール不能か何かで衝突しちゃうとか、衝突をなんとかして止める映画かと思ってた(爆)
そういう要素もなきにしもあらずだがw

ジョン トラボルタが悪役に徹してたのも良かったなぁ。
ライダー(トラボルタ)とカーバー(ワシントン)との対決が最後まで目が話せない。
スピーディな展開で最後まで飽きることなく見られる。
ドラマの「24」に対して映画「1.5時間」といった感じかw

ライダーはもともと生き延びるつもりなかったんだろうなぁ。
結局ストックマーケット操作のため?って感じなのかな?
そのあたりはうやむやなのだが。。

途中、カーバーと妻のやりとりがなんともおしゃれで感動的。
妻「牛乳を1ガロン買って帰ってきて」
カーバー「1/2ガロン買って帰るよ」
暗に妻は生きて戻ってきてと。夫はわからないと。
それだけのことなのにおしゃれな二人にだけ分かる会話って素敵だなぁ。
(見てる方も分かるけどw)

アクション映画期待して見た人にはちょっと物足りないかもしれないけど。
カーバーとライダーの頭脳戦と緊迫感を期待してみた方がいいかも。
その他大勢は無視して見る方がお勧めかとw
変に乗客のラブストーリーなんて要らんかと思うがww
まぁ、見逃してやろうかw

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:

★★★★☆

監督 サム ライミ
出演 アリソン ローマン

主役も他の出演者もまったく知らない人ばっかりだった。。
唯一顔を知っていたのはヒロインの同僚の東洋系のステューのみ。
顔は知ってるけど名前がわからん^^;

来週見る予定の「2012」のチケット購入ついでに見るかどうするか悩みまくって見た作品。
しかも「ゼロの焦点」と迷いに迷ってこっちにしたんだけどねw
(この作品は来週は夜の上映ないからw)

何の予備知識もなく、監督や出演者の情報もなく見たのよね^^;
邦題「スペル」って何故このタイトル???@@;
原題の「DRAG ME TO HELL」のままでよかったんでないの??
内容そのまんまのタイトルだし。。。
このタイトル決めた人センスないわ。。。。

色々詳しく感想書くと思いっきりネタバレになっちゃうけど、個人の主観ってことで軽くネタバレしつつレビューをww

音の使い方が上手いので「お~、来るよ、来るよ。。。」って感じがよくわかるんだけど、クライマックスがくるのが私の予想よりワンテンポ遅れてどかーーーーーんとやってくるので本気でびっくりします^^;
別に怖いわけでなくってびっくりして「ひっ」って感じなんですよねw
おまけにちょっとグロい感じでくるので余計に「ひっ」って感じw

ストーリーとしては展開途中で「え?」これでエンディング?短すぎ?
こんな簡単に解決していいの~~?
しかもハッピーエンド~~?って思ってたら当然のごとくどんでん返し。
うんうん、こんなに簡単に終わっちゃだめだめって思ったw

最初の失敗のあとにヒロインが呪いを他人に譲渡するために誰がその譲渡先にふさわしいか葛藤しながら選んでいくんだけど、憎い相手にすら譲渡できない。。。。
譲渡先をひらめいて必死で譲渡するんだけど。。。。
無事譲渡してやったー、ハッピーエンドだーと思わせておいて。。。。。。
やはりホラーにはこの結末ねwww

普段ならいろんなアラ見つけちゃうんだけど、展開の速さにさすがにアラを見つける(いや、普段からアラ探してるわけじゃないんだけど^^;)暇もなく終了。
低予算でも撮り方によって面白くなるんだよってお手本かも?
B級度たっぷりの作品でございますw

しかし、呪いって。。。。
しかも理不尽な呪い。。。。
死んだ人間より、生きてる人間の方が怖いです。。。。

心臓の弱い方、それから影響されやすく夢にまで見ちゃう人は見るのやめといたほうがいいかなww

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:
20071018121606.jpg

★★☆☆☆
監督 クリス ミラー
声  マイク マイヤーズ
    キャメロン ディアス
    エディ マーフィー
    アントニオ バンデラス

いきなり芝居のシーンで始まるのでチャーミング(ルパート・エヴェレット)って三文芝居の役者かと思ったw
見事に大根役者ですww
回りにも笑われてるしw
それでも今回はチャーミング王子の出番多い。
どっちかって言うとシュレック達よりチャーミングが主役?w
ヒーロー的主役じゃなくておばかでおまぬけですけどねw

シュレック(マイヤーズ)とフィオナ(ディアス)は湖のそばの小屋から宮殿に引越ししたのかなぁ?と思ってたらフィオナの父である王様病気??
王様ってカエルだったのー?@@;
死にそうになってもなかなか死なない王様に爆笑w

今回はどうやらアーサー王の円卓の騎士のパロディらしい。
アーサーは出てくるのだがどんくさいいじめられっこww
しかも王様になりたくないのには笑えるw
ちゃんとランスロットにマーリンまで出てくる。

意気地のないアーサーとうって変わってお姫様連中(1人オカマw)はわがまま邦題、自分勝手ww
甘やかされて育ってきたから?ww
おまけに強い!!!w
王妃様の頭突きなんて一回で壁壊れちゃうw
だったら最初から頭突きで壁壊して逃げれば?って思うのは私だけ?w
フィオナの力持ちはシュレックの姿だからじゃなくて母親ゆずりだったのか…www
童話の世界も現実社会も女性が本気だしたら女性のほうが強いかもねw

少し辛くして★ふたつくらいかな。
1・2作と比べるといまいち。
シュレックが主役っぽくないからかな??

普段映画は字幕でしか見ないのだけど
シュレックだけは浜ちゃんの大阪弁シュレックが楽しいので吹き替えでも充分楽しめます。




| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:
20071010103859.jpg

★★☆☆☆
監督 デヴィッド フィンチャー
出演 ジェイク ギレンホール
    ロバート ダウニーJr.
    アンソニー エドワーズ

理由もなく(犯人には理由あるんだろうけど)人を殺すってどう言う気持ちなんだろう…。
理由あっても殺しちゃいけないけどさ。
しかも自分がやったと警察に通報したり、新聞社に手紙や暗号文を送りつけたり。。。。
警察の怠慢に警鐘を鳴らしたつもり???
それとも警察への挑戦か??
理解に苦しむ。。。。

犯人は解離性障害者なのか???
謎は深まるばかり…。
常人では考えつかない考え方なのだろうなぁ…。

主人公の漫画家はどうしてここまで犯人であるゾディアックに夢中なのだろう。
何かに取り憑かれた様に調べるが、すべて状況証拠でしかない。
物証が得られない限り法では裁けず迷宮へ…。
ありがち…。
実話ということなのだが、多少のデフォルメ等はあるだろうなぁ。

遺族にすれば犯人断定されたほうが幸せなのかな???
断定されても単に怒りの対象が確定されただけのことなのだが…。

光市(間違ってたりして^^;)の親子殺人の映画機会があれば見てみようかな…。


| BLOG TOP |

copyright © SPICY REVIEW all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。